日本小児科医会総会フォーラム(京都テルサにて)出席

令和元年6月8日9日と小児科医会総会に出席してきました。
このところ、病気治療のため、診療時間短縮、また休診をさせていただく日も多く、ご迷惑をおかけしております。その上に、土曜にも休診をさせて頂き、出席してきました。

今回の発表では、小児科医のみの発表ではなく、獣医学部の方の研究からの発表、また外科医の視点からの発表もあり、興味深いものとなりました。
簡単な説明ですが、
ヒトと犬との関係性の研究より、犬には動物の中で唯一白目が確認できるため、眼球の動きを捉えることができるようで、アイコンタクトを取るなどの交流が可能だそうです。そういった交流を続けることにより、オキシトシン(愛情ホルモンとも言われる)の分泌が促されることが認められたことからの考察が発表されています。
外科医からの考察では、小児科医の薬の処方量の少なさの指摘があったようです。便秘治療においては、下剤の少量処方から始める小児科医の処方では、苦しんで受診されているお子さんの症状の解消が遅れるため、諦めてしまう患者さんがおられるとの指摘もありました。

ヒトパピロマウイルス(HPV)ワクチン接種と子宮頸がんスクリーニング

子宮頸がんワクチン接種と子宮頸がんスクリーニングが急速かつ広範囲に実施されれば子宮頸がんは今世紀末までに世界のほとんどの国で公衆衛生上の問題から除外できる可能性がある。 “ヒトパピロマウイルス(HPV)ワクチン接種と子宮頸がんスクリーニング” の続きを読む

診療日についてのお知らせ

院長が体調を崩しておりまして、治療中の身となっております。
皆様には大変なご迷惑とご心配をおかけしておりますこと、お許しください。
院長には子供達との触れ合いが一番の元気のもととなっているようで、
『ゆるり、ゆるり』と診療を続けています。
予防接種等先々の予定を取ることができませんが、当日でも予約を受け付けます。
普段からお薬を処方させていただいている方は、毎日午前中お電話で相談を受け付けますので、ご不明な点等またご相談ください。

こどもの亜鉛欠乏 基礎知識

亜鉛は味覚•臭覚を維持するのに不可欠なミネラルで、300以上の体内の酵素の働きに関わりがあります。小児の亜鉛欠乏の症状には、成長障害(身長の伸びが悪い)、味覚障害(味がわかりにくい)、臭覚障害(匂いがわかりにくい)、傷の治りが悪い、皮疹や皮膚炎が起こり易い、脱毛(毛髪が抜け易い)などの症状があります。辛いものが平気で食べられる人は亜鉛欠乏による味覚障害が疑われるかもしれません。また、母親の亜鉛欠乏による、オムツかぶれや皮膚炎はよく認められている症状だそうです。(小児科学会東京都地方会出)
上記症状が認められる場合は、検査を受け、血清亜鉛値の測定が必要です。
亜鉛が多く含まれる食品としては、牡蠣、サザエ、いか、たこ、などの魚貝類、数の子、煮干し、ひじき、のり、きな粉、ごま、アーモンド、ナッツ、牛肉、豚肉、レバー、玄米、そば、麩、ココア、抹茶、煎茶、などがあります。

酸性飲料と子供の歯のトラブル

酸性飲料とはPH値が低い飲料となります。代表的なものとして、炭酸飲料、乳酸飲料、果汁ジュース、スポーツドリンク、イオン飲料、そして、女性に好まれる、飲むお酢などがあげられます。
水道水が概ねpH7の中性ですが、市販されている酸性飲料はpH3〜5と低く、そのため、酸性飲料を頻繁に摂取することにより、歯の表面のエナメル質からカルシウムやリンなどが溶け出し、虫歯と同じような現象(脱灰)が起こりやすくなります。多くの酸性飲料には糖分も含まれているため、摂取が頻繁で、またその習慣が長く続くと、歯の表面に付着したプラーク(歯垢)中の虫歯の原因となる菌(主にミュータンス菌)が糖を分解して酸を発生するため、より虫歯になりやすくなります。 “酸性飲料と子供の歯のトラブル” の続きを読む

こどもの誤飲

実際に誤飲をした状況を目撃していなくても、誤飲をした形跡がある場合は疑いましょう。また、誤飲をした形跡がなく不明な場合でも、突然吐き始めたり、不機嫌になったりすることでも疑います。顔色が悪くなったり、息苦しそうにしていたり、ひどく咳き込む場合は緊急である可能性があるので、すぐに医療機関を受診しましょう。 “こどもの誤飲” の続きを読む